ペニス増大サプリの成分【マムシ】とは?

ペニス増大サプリ マムシ

質問:ペニス増大サプリの成分【マムシ】とは?

 

回答:ペニス増大サプリに配合されているマムシの作用や増大効果を検証レポートしていきます。

 

マムシは、有鱗目クサリヘビ科マムシ属の強い毒を持ったヘビで、日本国内では北海道から九州まで幅広く生息しています。

 

マムシは夜行性のため、人間が遭遇する確率は高くありませんが、冬眠の前後や夏の妊娠中のメスのマムシは昼間に活動する傾向があり、マムシに遭遇するケースの大半はメスのマムシが占めていると言われています。

 

マムシは1ヶ月〜2ヶ月間絶食しても生き続けることなどから、非常に高い生命力を持つと言われており、その粉末は漢方薬の伝統的な滋養強壮薬として使用されてきた歴史があります。

 

日本でも古くから貴重な栄養源として、滋養強壮剤や解毒剤などで用いられてきました。
現在では科学的な分析が進み、20種類のアミノ酸をはじめ、30種類以上の栄養成分が凝縮されていることがわかっています。

 

マムシに含まれる20種類のアミノ酸のうち、9種類が必須アミノ酸と呼ばれるものです。
必須アミノ酸は体内では生成されず、食物から栄養分として摂取しなければならないアミノ酸です。

 

・バリン
・イソロイシン
・ロイシン
・メチオニン
・リジン(リシン)
・フェニルアラニン
・トリプトファン
・スレオニン(トレオニン)
・ヒスチジン

 

残り11種類は非必須アミノ酸で、体内で生成することが可能ですが、体内で重要な役割を果たしているものも多く、積極的に摂取したいアミノ酸です。

 

・アルギニン(準)
・システイン(準)
・チロシン(準)
・グルタミン(準)
・アスパラギン
・アスパラギン酸
・アラニン
・グリシン
・グルタミン酸
・セリン
・ロリン

 

(準)と表記したものは準必須アミノ酸と呼ばれ、体内で生成されますが、食品からも積極的に摂取してほしいアミノ酸です。

 

「必須」「非必須」という区分はあくまで栄養学上であって、個々のアミノ酸の重要性を意味したものではありません。
不足すると体内で必要な量を合成することができないものもあります。

 

マムシがペニス増大サプリに配合されている最大の理由は、アミノ酸の豊富な含有量にあります。

 

ペニス増大サプリに配合される成分で、マムシと並んで、アミノ酸を豊富に含む動物由来成分といえば、オットセイが有名です。

 

アルギニン、トリプトファンなどのペニス増大に有効な成分が数多く含まれるマムシは、ペニス増大サプリメントには欠かせない成分です。

 

YouTubeで「乾燥マムシまるごと一匹食べてみた」という動画が話題になっていますが、臭いもきつく、かなり不味いようですね(笑)

 

マムシ成分は、ペニス増大サプリなどから摂取する方法が現実的かつ効率的です。

 

ペニス増大サプリでサイズアップを目指し、ペニス増大を達成するには、マムシをはじめとした有効成分がしっかりと配合されているペニス増大サプリを選ぶことがポイントです。

 

1.マムシやオットセイなどの動物由来成分

 

2.トンカットアリやマカなどの植物由来成分

 

3.亜鉛やシトルリンなどのミネラル成分

 

ペニス増大サプリでは有効成分の配合数に目がいきがちですが、

 

上記3つのバランスも重要なポイントの一つです。

 

ペニス増大有効成分については別の記事でも詳しくレポートをしていますので商品選びの際に、ご活用ください。

 

私が飲用して最も効果を実感したたペニス増大サプリグライバルはこちら

 

こちらのサイトでは、ペニス増大サプリを飲用した実体験をもとに、ペニス増大サプリ最新ランキングとして商品を紹介していますので、増大サプリ選びの参考として是非、活用してください。

 

トップへ戻る