ペニスを大きくする手術とは?
手術を受ける前にペニス増大サプリを試してみよう

ペニスの大きさを気にしてしまい、女性へ積極的になれないという男性は多いです。
こういったプライベートな悩みは、人に相談しづらく悩みばかりが増えてしまい、解決できないままになってしまうこともあるでしょう。
専門のクリニックではペニスを大きくする手術を実施しているところもあるため、悩みの解決にもつながるでしょう。
ただ、ペニスを大きくするための手術とは一体どういったことをするのか気になる方も多いはずです。
そこで、ペニスを大きくする手術について、詳しく解説していきます。

ペニスを大きくする手術とは一体?

ペニスに関する悩みを改善する方法には様々な方法がありますが、その中でも手術を受けることでペニスを大きくするというのはどういった方法になるのでしょうか?
ペニス増大手術は、ペニスそのものを大きくする「増大手術」と長くする「長茎術」があります。
これらは、抱えている悩みによってどちらを選ぶかが変わってくるでしょう。
さらに、増大手術にも包茎を解消して亀頭を露出させ大きくさせる方法や、ヒアルロン酸を注入して大きくする方法などがあったり、切るか切らないかによっても手術方法が違ってきたりします

 

切る手術というのは、包茎手術と同じで亀頭に被っている皮を切除し、隠れている亀頭を露出させ、ペニス増大を図ります。
この手術は、包茎手術と併用して行われることが多く、ペニス増大はもちろん亀頭増大効果も期待できます。

 

切らない手術は、ペニスにヒアルロン酸などを注入し増大させる方法になります。
この手術では、皮が亀頭に被っていないことが前提であり、ヒアルロン酸注射をペニスに打つだけでいいので、短時間での増大を目指せます。
ただ、ヒアルロン酸は人体で生産する物質でもあり、時間と共に体内に吸収されてしまう特徴があるため、1年程度しか増大効果を実感できません。
定期的なメンテナンスも必要になり、その都度費用も発生するため、最初は安いと思うかもしれませんが、維持し続けるとなるとそれなりの費用が必要になってくるでしょう。
一方、切る手術の場合傷跡が残ってしまうリスクはありますが、半永久的にペニス増大を維持できます。

 

手術を受けるリスクとは?

ペニスを増大させるための手術をする場合、100%安全だとは言い切れません
手術の種類を問わず、リスクは伴ってくるので事前に確認しておきましょう。
これは実際に起きた話ですが、ある美容外科でペニス増大手術を受け、痛みがあるにも関わらず放置されてしまい違う病院に相談をしたところ、ペニスの一部が壊死していることが判明したというケースがあります。
手術になると即効性が高く増大に関しても満足できますが、その反面このようなリスクもあるので、理解しておくようにしましょう。

手術を受ける前にペニス増大サプリを試してみよう

ペニスを大きくするための手術には、メリットだけではなくデメリットも存在します。
手術をしたけど、思っていた形、大きさではなかった…として、費用だけがかかってしまうこともあるでしょう。
失敗せずにペニス増大させたい時には、最初から手術をするのではなくまずはペニス増大サプリから試してみてはいかがでしょうか。
ペニス増大サプリは、手術をするよりもリスクが低く、飲み続けることで増大効果が期待できます。
ペニス増大に対して、効果を実感するまで多少時間がかかってもいい、できるだけ出費を抑えたい、手術へのリスクを避けたいと思っているなら、まずはペニス増大サプリから始めてみませんか?

 

ペニスを大きくする手術は効果を早く実感できるという特徴があるものの、やはりリスクが大きいという点には不安が残る方も多いでしょう。
そんな時は初めから手術を検討するのではなく、ペニス増大サプリを使ってみてそれでも大きくならなかった時の最終手段として残しておきましょう。
まずは安全性が高く、リスクも少ないペニス増大サプリから始めてみるべきです。

 

トップへ戻る